「嫉妬させたい」と思っている小悪魔カノジョさん。嫉妬はやりすぎ禁物ですよ~

彼氏が全然嫉妬してくれない。もしくは、付き合いたてでよくわからない彼に、嫉妬させて反応を知りたいなんて思っている小悪魔なカノジョさんたち。嫉妬は限度を超えると、喧嘩になりますよ~?嫉妬させるより、好きって気持ちを全面に出した方がいいです。今回は、そんな小悪魔カノジョさんたちに、男が嫉妬するパターンをご紹介します。

「嫉妬されてみたいな~」と思っている小悪魔カノジョさんたちへ

出典: weheartit.com

「私の彼、全然嫉妬してくれないんだもん~」「嫉妬する反応がみてみたいっ」な~んて考えているカノジョさん。嫉妬させようとしなくても、気づかないうちに、嫉妬している時があるかもしれません。

出典: weheartit.com

そもそも、女性よりも男性の方が嫉妬心が強いのです。

男は女に比べて嫉妬心が強いと言われています。彼女の全てを知りたいと考える人が多く、過去の男性関係、男友達の交友関係は気になってしまうものです。

出典: moteokun.com

彼氏が嫉妬するパターンを見てみましょう*

■case1「ここ行ったことある~」という意味深な発言

出典: weheartit.com

こんな場面に陥ったことはありませんか?

私が彼と2人で出かけた時のこと。「そういえば昔、ここに来たことあるんだよね~」と言った瞬間に彼の態度が変な感じに。私が彼と部屋で音楽を聴いていたとき。「あ~これ、ライヴに行ったことあるよ」といった瞬間、彼が「えっ、誰と?」と間髪いれずに聞いてきたり。私が友達と電話してて彼が話しかけてきたときに「また後でね、ごめんね」と言ったら、その後彼がずっと不機嫌に・・・。

出典: ameblo.jp

■case2「あー元彼とここ来たの懐かしいな」という元彼エピソード

出典: weheartit.com

男性は独占欲の強い生き物。元彼は彼の知らないあなたを知っているライバルなのです。何気なく元彼はこんな人だった、元彼とこんなデートをしたなど、ただの世間話のつもりでも、彼氏を実はイライラさせているかもしれません。元彼と比べられていると感じる男性も少なくないので、元彼の話は基本的にタブーです。

出典: www.mwed.jp

■case3カノジョが仲良い男友達と頻繁に連絡している

出典: weheartit.com

彼氏の前で堂々とLINEなんかしていませんか…?

「こそこそしている感じがイラっとする。何か企んでそう」(10代男性)など、ほかの男性とのこまめなメールのやり取りは、彼氏に浮気を予感させてしまうようです。用事があるなら、堂々と電話した方がよさそうです。

出典: girl.sugoren.com

■case4男性もいる飲み会での写真を見せられたとき

出典: weheartit.com

飲み会の雰囲気よりも、男性との距離が近いというところにしか目が向きません。。。

お付き合いでの飲み会などで、他の男性と記念写真を撮る場面もありますよね。しかし、楽しそうに写っていればいるほど、彼が嫉妬してしまう可能性があります。

出典: www.mwed.jp

■cese5「CM出てる!やっぱり○○かっこいいな~」面食いカノジョ

出典: weheartit.com

あとは、あれです。デート中に「あの人めっちゃイケメンじゃない?タイプだな~」なんて言ったら、はい、喧嘩スタート。

「ファンだからってどうなるわけじゃないけど、単純に悔しい」(20代男性)など、彼女があまりに熱を上げていると、それが芸能人であっても嫉妬の対象になるようです。特に彼氏の前で「顔が好き」「背が高くてカッコイイ」などと褒めるのはやめたほうがいいでしょう。

出典: news.ameba.jp

■case6サークルに男の子がいっぱいいるパターン

出典: theulzzang-ulzzangfashion.blogspot.jp

「趣味が同じだと、自分よりも話が合いそうで心配になる」(20代男性)など、共通の趣味のないカップルでは、部活やサークルの男性メンバーが嫉妬の対象になるようです。良かれと思ってしたサークルの話題が、実は彼氏の心を乱している可能性もあるので、逐一報告するのは危険かもしれません。

出典: netallica.yahoo.co.jp

もしも、かな~り嫉妬してしまったら…

出典: weheartit.com

彼氏が一番好きということを伝えましょう。

嫉妬している相手はただの友達で、あなたが嫉妬する必要なんてない、ということを理解させてあげましょう。自分が好きなのは彼だけ、彼しか男性として見てない、ということをせつせつと説明してあげるのもいいでしょう。男性は理詰めで考えるもの。どうして嫉妬しているのかを聞いて、それは誤解だということを分からせてあげると、彼は納得し安心するでしょう。

出典: josei-bigaku.jp

■なかなか機嫌が直らなかったら、これが原因かも。

出典: tinhta.com

男性は勝ち負けに自然とこだわる人間なんです。

だから彼が嫉妬しているとき、なかなか彼の機嫌が直らないのは感情的に「負けたくない」だとか「あなたを誰かにとられてしまうのではないか?という強い恐れ」を感じているからだと考えられるんです。そこには男として負ける「屈辱感」を感じたくないという思いが強くある場合がありますね。

出典: ameblo.jp

■嫉妬されるのを仕掛けるのなら、このくらいのレベルで…!

出典: weheartit.com

当たり前のことを当たり前と思わせないようにするレベルの嫉妬は全然いいと思います*

良く通話しているカップルの場合は、電話連絡の頻度を減らすと 効果的です。 連絡が遅くなったりすると、人は「他に好きな人ができたのかな」「嫌われたかな」と 心配になってきます。 マイペースで自分の好きなタイミングでのみ、メールの返事を送る人は 大抵モテる人です。 好きな気持ちや気遣いから焦ってしまい、即返事を送ると、いかにもガツガツ迫ってくるような必死さが伝わってきて痛々しくなってしまう。

出典: koitanu.com

嫉妬させるのはあまりよくないですよ~!仲良しカップルでいてください♡

出典: favim.com

ムリに嫉妬させようとしても逆効果!「好き」という気持ちを全面に出した方がかわいいですよ~小悪魔カノジョさんたち♡

嫉妬深い男性は、相手の女性の気持ちを疑ってしまいやすいので、はっきり“あなたのことが一番好き”と意思表示することでだいぶ気持ちを和らげてあげることができます。ふたりっきりの時だけでなく、家族や友達たちの前でも積極的に彼のよさをアピールして、あなたにとって彼の存在がどんなに大切か伝えましょう。

出典: googirl.jp